飼料 製品紹介

採卵鶏 | ブロイラー | 養豚 | 乳牛 | 肉牛

採卵鶏用配合飼料

  • えつけ用

    ヒナが生後2週令頃まで給与する飼料です。ヒナが高い栄養を求める時期で、たんぱく質やエネルギーが高い水準になっています。

  • 前期用

    2週令~6週令頃まで給与する飼料です。ヒナが骨格を形成していく時期で、体重がばらついてしまうと、成鶏になった時の産卵成績に影響がでることがあるので、栄養水準は少し高く設定されています。

    中期用

    6週令~10週令頃まで給与する飼料です。ヒナの筋肉が発達していく時期で、筋胃の発達も促すために飼料の粒度が少し粗くなっています。飼料摂取量が増えてくる時期なので、栄養水準は少し低く設定されています。

    後期用

    10週令~17週令頃まで給与する飼料です。産卵開始に向けて性成熟させる重要な時期に適した栄養成分になっています。

  • 成鶏用

    17週令頃からの産卵期用の飼料です。卵を毎日産ませるため、卵殻の主成分であるカルシウムが高く設定されています。

ブロイラー用配合飼料

  • えつけ用

    生後1週令頃まで給与する飼料です。ヒナが高い栄養を求める時期で、たんぱく質やエネルギーが高い水準になっています。

    前期用

    1週令~3週令頃まで給与する飼料です。ブロイラーは非常に成長が早く採卵鶏に比べ栄養要求量も高くなっているため、たんぱく質、アミノ酸、ミネラルを高めています。

  • 後期・仕上げ用

    3週令頃~出荷まで給与する飼料です。ここからは特に脂肪をしっかりとつけていく時期になるので、エネルギーを高めた内容になっています。最後の10日間程度に仕上げ飼料を使用する場合があります。

養豚用配合飼料

  • ほ乳期用

    体重約30kgまでの期間に給与する飼料です。ほ乳期用飼料は、離乳後2~3週間後まで与える前期飼料(人工乳)と、体重約30kgまで与える後期飼料があります。前期飼料は、離乳後間もないため、たんぱく質として乳由来の動物質性原料などを多く配合しています。後期飼料は、穀類などの植物性原料を主体とした飼料へ移行する時期の飼料です。

  • 子豚用

    体重約30kgから70kgまでの期間に給与する飼料です。主として筋肉が発達する重要な時期であるため、たんぱく質の水準が高く設計されています。

  • 肉豚肥育用

    体重約70kgから出荷までの期間に給与する飼料です。この期間に給与する飼料はその原料、成分により肉質、脂質に大きく影響します。

  • 種豚用

    育成豚、雄豚、繁殖用雌豚に給与する飼料です。妊娠期・授乳期に必要なビタミン、ミネラルを強化してあります。

乳牛用配合飼料

  • 人工乳

    生後約3ヶ月令まで給与する飼料です。体の発育や第一胃の発達に必要な栄養を含み、加工形態は子牛が食べやすいペレットやフレーク&ペレットが広く使用されています。

  • 育成用

    生後3ヶ月令頃から初産分娩までの期間に給与する飼料で粗飼料とともに給与します。粗飼料を十分摂取できるよう消化機能を発達させ、骨格・筋肉の発達や性的成熟を促します。

  • 泌乳用

    泌乳期に給与する飼料で粗飼料とともに給与します。牛の健康と泌乳に必要な成分を配合しています。飼養方法に合わせた様々な形態・成分の飼料があります。

  • 乾乳用

    乾乳期(泌乳しない期間)に給与する飼料です。分娩後スムーズに泌乳させるため、たんぱく質・ビタミンのバランスに配慮しています。

肉牛用配合飼料

  • 繁殖用

    繁殖雌牛に給与する飼料で粗飼料とともに給与します。繁殖に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラルなどの栄養バランスに配慮しています。

  • 育成用

    生後約3ヶ月令から生後7~10ヶ月令まで給与する飼料で、粗飼料とともに給与します。骨格・筋肉が発達する時期のため、たんぱく質やミネラルを豊富に含んでいます。加工形態はペレット、フレーク&ペレット、マッシュ等があります。

  • 肥育前期用

    生後7~10ヶ月令から13~15ヶ月令まで給与する飼料です。引き続き骨格・筋肉が発達する時期のため、たんぱく質が豊富に含まれている飼料です。加工形態はフレーク&ペレット、フレーク&マッシュ、マッシュ等があります。

    肥育後期用

    生後13~15ヶ月令から出荷まで給与する飼料で粗飼料とともに給与します。体重や体内の脂肪が増加する時期であり、特に生後18~20ヶ月令前後は脂肪交雑(サシ)が最も増加するため、脂肪交雑が入りやすい配合内容、成分となっています。加工形態はフレーク&ペレット、フレーク&マッシュ、マッシュ等があります。

*ここで記載した各飼料の給与時期は一般的なもので、品種・性別、地域により異なります。