飼料

飼料の種類

1.配合飼料

家畜・家禽に対し栄養学的に配慮して多種類の原料を配合した飼料です。配合飼料の給与により家畜・家禽の健康を維持し、畜産物を生産することができます。

2.単味飼料

配合飼料、混合飼料などのように各種の原料を混ぜ合わせたものではなく、その原料となる個々の飼料を単体飼料または単味飼料と呼んでいます。

3.混合飼料

一般的には2~3種類の飼料を特定の目的で混合したものです。

>> 詳しい製品情報は製品紹介をご覧ください。

飼料の形状

  • 1.マッシュ飼料

    とうもろこし、マイロ等の穀類原料を粉砕したものに粉状の原料や液体原料を配合した飼料です。

  • 2.ペレット飼料

    マッシュ飼料に蒸気を添加し、ダイスを通過することによりペレット状に加圧成型した飼料です。高温高圧による殺菌効果と飼料効率の改善効果があり、混合状態を均一に維持でき飼料タンク内の流動性が良い等の特徴があります。

  • 3.クランブル飼料

    ペレット飼料を荒砕きした飼料で、ペレットの殺菌効果と飼料効率の改善に加え、雛・子豚等の幼畜が食べやすい大きさに粒を揃えています。

  • 4.エキスパンダー飼料

    蒸気を添加し、高い圧力を加え押し出し造粒した飼料です。ペレット飼料よりも消化率が向上し、特に豚では糞量の低減効果があります。

  • 5.フレーク飼料

    とうもろこし、大麦等の穀類原料を蒸気で加熱・加湿し、ロールによりフレーク状に加工した飼料です。マッシュ飼料にフレーク飼料を混合したものをフレーク&マッシュ飼料、ペレット飼料にフレーク飼料を混合したものをフレーク&ペレット飼料と呼んでいます。さらに、フレーク&ペレット飼料に繊維質を多く含む綿実、ヘイキューブ等の原料を混合したものをバルキー飼料と呼んでいます。