社長メッセージ

私たちは、JAグループの一員として関東・甲信越・東海・北陸の16都県において、安全・安心で高品質な飼料ならびに高度化成・有機肥料の開発・製造・販売を主な事業とし、お客様である畜産農家様や畜産会社様の経営の向上と日本の豊かな食文化の向上に貢献することを基本としております。

飼料事業においては、JA全農を通じて海外からはとうもろこしなどの主原料を、国内においては食品メーカーから産出される大豆粕などの副産物や飼料米などの国産原料を安定的に調達しております。

品質管理面では、ISO9001と飼料GMPの管理基準にもとづく最新の製造設備の活用ならびに衛生・防疫管理の徹底などにより、安全で高品質な製品の開発・製造に取り組んでおります。

さらに、最近非常に大きな問題となっております高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫、豚流行性下痢等の重要疾病対策として全工場の入・退場口の完全洗浄・消毒の自動化をすすめております。

また、お客様である農家生産者から寄せられるニーズを把握し、日常の相談をはじめ最新情報やきめ細かなサービスの提供により農家生産者の経営をサポートしております。

わが国の農畜産物は、世界経済の急速なグローバル化により輸入農畜産物との競争が激化してきております。今後も、国産農畜産物の安全性を確立させ、消費者の皆様からの強い支持を獲得することが一層重要となっております。

私たちは、弊社基本理念にもとづき、農家生産者とJAに密着した企業として、JA全農グループのネットワークを活用しご期待に応え得るよう努力してまいりますので、今後とも引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

JA東日本くみあい飼料株式会社 
代表取締役社長 平位 修一